ポリマークレイのススメ☆Vol.7 練習ケイン*チェッカー*

じめじめ暑いですね〜。嫌になっちゃう。

今回のポリマークレイのススメも練習ケイン??きっちり作れれば本番ケインです!!

お題は”チェッカー”

そう”市松模様”です!!

一見簡単!!理屈も簡単!!実際は最強に難しい!!!

私も苦手なんで,なんとも、おそまつさん(松だけに…)サンプルでごめんなさいです。

 

■四角柱練習ケイン 市松模様 

☆材料☆

FIMOソフト
・レッド …2本(8山の内の2本です)
・ブラック…2本 
プレモならば1山ずつです

※まずはコンディショニングをきちんとしましょう。

 



1 レッドを大体で良いので軽く四角柱にします。

面を回転させながら1面ずつ計4面クレイローラーで整えていきます。

12mm四方で長さ6cmの四角柱にします。

 

 

エッジのしっかりとした四角柱にしたいので、

タタラ板で押さえたり、エッジの部分をフィンガーバフで鋭角にしたりしてみましょう。

 

 

ブラックも同サイズの四角柱にしトリミングして6cmに切りそろえましょう。

3 半分にカット(3cm)して格子状に組み合わせます。

各四角柱がズレずにピッタリなるように組みましょう。

 

 

4 隙間をきっちりくっつけたら、10cmの長さになるように伸ばします。

こちらもクレイローラーを使って徐々に伸ばします。

ラインが曲がらず真っ直ぐ伸びるように気をつけましょう。

 

 

5 10cmにトリミングして2.5cm単位で4個にカットし、

再度、四角に組みあわせます。

 

6 お好みの大きさにのばしたら完成です!!

 

 

ということで画像をみてわかるように。

一部、格子が離れてしまっています。

ダメですねぇ〜。

そして柔らかいうちにカットしたので格子模様がヨレッとしています。

こんな感じでピシッとした模様を作るのはすごく気を使うのです。

使っても使ってもヨレッとしますケドねwww

まだまだ私も練習が足りません。

 

季節が暑くなるとクレイもデロデロに柔らかくなり、成形し辛いし形も崩れやすいです。

今回は比較的カチッとまとまりやすく、切れ味もサクサクするのでFIMOソフトを使いました。

(ちなみにFIMOソフトもロットが新しいのはデロデロですので今回はすこし古いロットのFIMOを使いました。)

FIMOのほうが精密な模様は作りやすい気がします。

まぁ、ご自分にあったクレイを使ってくださいね。

 

模様をごまかすために、ひし形にしてみたり…

 


ポリマークレイのススメ☆Vol.6 練習ケイン2

画像の準備がメンド……じゃなくて時間がかかるのでサクサク続かなくてごめんなさい☆
Vol.6は練習ケインその2!
今回はシートで包む方法を身につけましょう♪

■練習ケイン2

☆材料☆

プレモ
・ウルトラマリンブルー(以下ブルー)…1/2本(4山の内の1本を半分にした量です)
・ターコイズ…1/2本 
・パープルパール…1/2本
FIMOソフトならば1山ずつです

※まずはコンディショニングをきちんとしましょう。

1 ターコイズを直径2cm・高(長)2cmのログにする

2 1mm厚のタタラ板を両端に置き、ブルーを厚さ1mm・幅2×5cmのシートにする




3 1のターコイズのログに2のブルーのシートを突き合わせに巻きます
※突き合わせ…シートが重ならないように、端と端をピッタリ合わせることです

↓下の図のようにくるっと巻いて、最後のつなぎ目部分で一旦、STOP!!
少し戻してシートを見ると、薄ら跡がついているので、そのラインにそってカットして、
巻き戻せばピッタリまけるはずです!!

本来ならここで繋ぎ目を指で軽くこすってラインを消すのが望ましいのですが、
今回はあえてそのままで!!
このラインを目印に真っ直ぐ均一に伸ばすことを心がけてください☆


4 3を13cmまでのばし、端をトリミングして2cm単位で6個にカット
6個を丸く並べて、真ん中の空間に収まるサイズのログをパープルでつくる。

合わせて、直径3mm・長さ13cmのパープルのログを作り2cm単位で6個にカット


5 ↑上の図のように組んだら、厚み1mmで幅2cmのパープルのシートをつくり、1周付き合わせに巻く


6 全体をぎゅっと押して隙間をなくします。
あとは手を左右に動かしながら、コロコロしたりして伸ばしていく



2倍くらいの長さになったら半分にカットしてみよう!!



こんな感じになっていればOKです。
真ん中のターコイズの部分の大きさがチグハグになっていたら、
ログにする段階で大きさが違っていたか、
もしくは、伸ばすときに偏って力を入れていたことが原因となります。


最後に…ケインの端を見てみましょう


私の場合は真ん中のパープルパールが周りの粘土より固かったため、真ん中が伸びずにへこんでいます。
粘土の固さの違いはこんなところででますので、しっかりコンディショニングをしましょうね☆

 

ポリマークレイのススメ☆Vol.5 練習ケイン

6月に突入〜ですね。
今回はミルフィオリ・ケインを作る練習をしてみましょう☆

■練習ケイン1

☆材料☆

プレモ
・ウルトラマリンブルー(以下ブルー)…1/2本(4山の内の1本を半分にした量です)
・パープルパール…1/2本
FIMOソフトならば1山ずつです

※まずはコンディショニングをきちんとしましょう。

1  ブルーを直径5mm長さ13cmのログにして、2.5cm単位で5本にカット

2 パープルパールを 直径3mm長さ13cmのログにして、
2.5cm単位で5本にカット

3 残ったパープルパールで直径4mm長さ2.5cmのログを1本つくる



4 図のように組みます
全体をかるく押しながら隙間をなくすようにします



5 コロコロ転がしながら左右に伸ばしていきます
均等な力で伸ばしていきましょう。
今回の練習ケインは 各色のラインが真っ直ぐ曲がらず、均等な太さで伸びていくことを確かめながら伸ばしてみましょう。

 

6 倍くらいの長さになったらカットしてみましょう。



※両端は模様がきれいにでていない部分はスクラップ粘土(クズ粘土)といいます。
クズといえども使い道は行く通りもありますので捨てないように!



今回は5本でしたが、6本にしたりと本数を増やしたり、一部色を変えたりといろいろアレンジして練習してみてくださいね☆

| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ランキング参加中!

ランキングに参加中です☆よろしければクリックお願いします☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ オーブン粘土・樹脂粘土へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ
にほんブログ村

素材屋フルハウス

twitter

イベント出展予定

2017/5/27
デザインフェスタVol.45

2017/4/29-30
手作り・雑貨 &クラフトフェア

4/26
JPA Springセミナー

2017/4/23-24
清水アート・クラフトフェア

オススメ☆

注目記事

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode